共有

共有の場合   全体の面積にその取得した者の持ち分を乗じて計算する。 計算例 400㎡×1/2=200㎡ 借地権と所有権のある自用地を一体利用している場合 有利な自用地から優先して選択できるかは, ご相談ください。]]]]> ]]>

同族会社

この適用を受けられる宅地は
「被相続人が所有していた宅地等」で

被相続人の親族が

相続または遺贈により取得した

宅地等で、下(1)~(4)の

すべての要件に該当するもの

特定同族会社事業用宅地等

その宅地等を

相続又は遺贈により取得した
被相続人の親族

(申告期限において
その法人の役員である者に限る。)

が相続開始時から
申告期限まで
引き続き有し、

かつ、

申告期限まで引き続き
事業の用に供されているもの

その宅地等のうち
この要件に該当する親族が
相続又は遺贈により
取得した部分に限る。

(2)
建物又は構築物の
敷地の用に
供されていたもの

(温室などの一部の建物をのぞく)  

(3) 
棚卸資産
及び準ずる資産
に該当しないもの
  
(4) 
各人が取得した宅地等のうち、
選択した宅地等(注)が

限度面積までの部分であること。  


平成27年1月1日以後の限度面積
特定事業用等宅地等
及び特定居住用宅地等のみ
を選択する場合は、
特定事業用等宅地等400㎡、
特定居住用宅地等330㎡まで
適用が可能とされ、
最大で730㎡までが対象となります。

ただし、
貸付事業用宅地等を選択する場合については、
従来どおり調整を行います

①特定事業用宅地等又は
特定同族会社事業用宅地等の面積の合計×200÷400

②特定居住用宅地等の面積×200÷330

③貸付事業用宅地等の面積

①②③の合計が200㎡以下部分まで対象になります。


添付書類
 特定同族会社事業用宅地等に該当する宅地等 ○ 申告書第11・11の2表の付表
○申告書第11・11の2表の付表1(別表)   ○ 遺言書又は遺産分割協議書の写し
印鑑証明書 「印鑑証明書」は必ず原本を提出してください。

イ 特例の対象となる法人の定款(相続開始の時に効力を有するものに限ります。)
ロ 特例の対象となる法人の相続開始の直前における発行済株式の総数又は出資の総額及び被相続人及び被
相続人の親族その他被相続人と特別の関係がある者が有するその法人の株式の総数又は出資の総額を記載
した書類(特例の対象となる法人が証明したものに限ります。 賃貸借契約書 相続税小規模宅地の添付書類(国税庁HPpdf)

この特例の適用を受けるためには、
相続税の申告期限までに
相続人等
の間で特例対象宅地等が
分割されていることが必要です。 その特例対象宅地等が
申告期限までに分割されてい
ない場合には、
この特例の適用を受けられません。 所轄税務署長に対して、
一定の手続をとることによって、
この特例の適用を受けることがで
きます

特定同族会社事業用宅地等とは、
相続開始の直前に
被相続人
及び
被相続人の親族
その他被相続人と特別の関係がある者が有する
株式の総数又は出資の総額
その株式又は出資に係る法人の
発行済株式の総数又は出資の総額
株式、出資及び発行済株式には、
議決権に制限のある株式又は出資を除く。

の50%を超える法人
申告期限において清算中の法人を除く。
の事業
不動産貸付業、駐車場業、自転車駐車場業及び準事業を除く。)
の用に供されていた宅地等で、
その宅地等を
相続又は遺贈により取得した被相続人の親族
(申告期限
その親族が申告期限前に死亡した場合には、その死亡の日。
においてその法人の法人税法に規定する役員
清算人を除く
である者に限る。)
が相続開始時から申告期限まで引き続き有し、
かつ、
申告期限まで引き続きその法人の事業の用に供されているもの (その宅地等のうちこの要件に該当する親族が
相続又は遺贈により取得した部分に限る。



]]]]]]> ]]]]> ]]>

電話048(648)9380

  • お気軽にご相談ください。土日もご予約によりご相談に応じます。
    ]]]]]]> ]]]]> ]]>

    税理士料金

    相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について 相談料は無料です お気軽に048(648)9380
    でご相談ください。  相続税申告書作成 提出代行,遺産分割協議書作成, 相続税相談
    一式で20万円から承ります。
    良心的料金でも品質は一流の複数のシステムを使用し お客様に有利な相続税額を提示致します。 遺産分割協議書も、連動して作成いたしますので、
    ご安心してご依頼ください。 相続税の申告書作成には、
    相続税、贈与税の知識はもちろん
    民法の知識を始め
    時価の算定において、法人税、所得税の知識
    が必要です。
    従って、種々の税務調査等を経験した
    税理士の開業年数の長い経験豊富な
    税理士に依頼することをお勧めいたします。
    相続税は税務調査での税額も多額になる傾向があります

    日経新聞等の報道によりますと、
    平均的な税理士の相続税申告の報酬は
    遺産の総額の1%といわれています。 当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、
    お引き受けいたします


    堤税理士事務所の相続税報酬規程

    遺産の総額の0.5%前後です。

    税理士報酬の目安

    相続財産が5千万円程度の場合、30万円前後です。

    相続財産が8千万円程度の場合、40万円前後です。

    相続財産が1億円程度の場合、50万円前後です。

    相続財産が2億円程度の場合、80-100万円前後です。

    相続財産が3億円程度の場合、100-150万円前後です
    (平均的な税理士の
    相続税申告の報酬1%
    に比較して半額程度の金額で、
    お引き受けいたします)

    お見積し、金額を提示し、 納得いただいてからのご契約となります。 どうぞ、安心してご相談ください。
    ]]]]]]> ]]]]> ]]>

    適用不可

  • 土地の所有者が被相続人でない場合
  •  被相続人以外の土地の持分
  •  その土地の上に建物又は構築物が存在しない場合
  •  その土地が棚卸資産 及び準ずる資産 に該当する場合と認定された場合
  •  小規模宅地の取得者が要件を満たしていない場合
  •  対象宅地の遺産分割が確定していない場合
  •  申告期限から3年以内の分割見込書を添付しなかった場合
  • 申告期限から3年以内に分割がされていない場合で所轄税務署長の承認を受けていない場合
  • 添付書類が不足している場合 
  • 申告書に所定の記載をしなかった場合

    • 3年以内に分割ができない場合には、改めて、所轄税務署長の承認申請を提出しなければならない。が
    •  その場合には、訴訟等法律的な理由ににより、分割できないなど相応の理由が必要です。
    •  単に、分割協議がまとまらないなどの理由は認められないと思われますので、
    • 早期の分割に努力することが必要です。
    • など小規模宅地の適用要件を満たしていない場合には
    •  小規模宅地等の特例などは受けられないことになっておりますが
    • 上記を失念してしまったような場合には当税理士ご相談下さい

    • その他、
    • 被相続人からの
    • 生前贈与により取得した宅地等については、
    • 小規模宅地等の課税特例の対象にはならないので、 
    • ①相続開始前3年以内に贈与があった場合の加算の規定により相続税の課税対象とされるもの
    •  ②相続時精算課税の適用を受ける財産も小規模宅地等の特例は受けられない
    • また
    • 被相続人の親族が相続または遺贈により取得した場合以外も
    •  対象にならない
    • 例えば、人格のない社団、
    •  社会福祉法人、など法人への遺贈
    •  被相続人の親族でない 介護者 等に対する遺贈も
    •  対象にならない。

    • 〈相続税〉 (1)小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例について、次の見直 しを行う改正は平成 30 年4月1日以後に相続又は遺贈により取得する財 産に係る相続税について適用する。  1 家なき子 持ち家に居住していない者の 特定居住用宅地等の特例の 対象者の範囲 から、次に掲げる者を除外する。 イ 相続開始前3年以内に、 その者の 3親等内の親族が 所有する 国内にある家屋 に居住したことがある者 又は その者と特別の関係のある法人が 所有する 国内にある家屋 に居住したことがある者 ロ 相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたこ とがある者 2 貸付事業用宅地等の範囲から、 相続開始前3年以内に 貸付事業の用に供さ れた宅地等を除外する。 (相続開始前3年を超えて 事業的規模で貸付事業を行っている者 が当該貸付事業の用に供しているものを除く。)3 介護医療院に入所したことにより被相続人の居住の用に供されなくなった 家屋の敷地の用に供されていた宅地等について、 相続の開始の直前において被相続人の居住の用に供されていたものとして本特例を適用する。(注)上記の改正は、平成 30 年4月1日以後に相続又は遺贈により取得する財 産に係る相続税について適用する。ただし、上記2の改正は、同日前から貸 付事業の用に供されている宅地等については、適用しない。
    • 小規模宅地の評価減
    • 居住用小規模宅地
    • 事業用小規模宅地
    • 特定同族会社事業用
    • 貸付用小規模宅地
    • 添付書類
    • 出版、著作物
    • トップへ戻る
    ]]]]]]> ]]]]> ]]>

    注意点

    親族(親族であればだれでもよい) が承継し、取得、 相続時から申告期限まで 事業を継続し、 宅地を保有することが要件


    同一生計親族の事業を引き継ぐ場合には その同一生計親族が 承継し、取得、 相続時から申告期限まで 事業を継続し、 宅地を保有することが要件]]]]]]> ]]]]> ]]>

    貸付注意

    家賃または地代のやり取りがない場合又は 固定資産税以下のやり取りである、 使用貸借は対象となりませんので注意してください


    その土地の上に建物または構築物が存在することが必要 建物または構築物の所有者は個人、法人とも可能で、 被相続人に限定されない。 構築物には、 庭園、アスファルト舗装、 敷き詰められた砂利敷の駐車場などが該当すると思われます      ]]]]]]> ]]]]> ]]>