(扶養控除)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(扶養控除)

第八十四条 居住者が控除対象扶養親族を有する場合には、その居住者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から、その控除対象扶養親族一人につき三十八万円(その者が特定扶養親族である場合には六十三万円とし、その者が老人扶養親族である場合には四十八万円とする。)を控除する。
2 前項の規定による控除は、扶養控除という。

2017年9月15日 | カテゴリー : 所得控除 | 投稿者 : 確定申告に詳しい税理士