代表権を有していない株主からの贈与相続

このエントリーをはてなブックマークに追加
代表権を有していない株主から、事業承継によ り代表権を有することとなる後継者に非上場株式等を贈与・相 続等をし、納税の猶予の対象とするためには、代表権を有して いない株主からの贈与・相続等の前に、代表権を有している (いた)株主からの贈与・相続等及び申告が行われていること が必要となります。
会社の代表権を有している(いた)者から、 事業承継により代 表権を有することとなる後継者へ非上場株式等の贈与・相続が あることを前提として、 その他の株主からの非上場株式等の贈 与も納税の猶予の対象とする趣旨であるため