後継者(最大3人)の要件

このエントリーをはてなブックマークに追加
後継者が1人の場合 「その者の 同族関係者等 (既に同一の会社で事業承継税制の特例措置の適用を受 けいている者を除きます。) のうち いずれの者が 有する議決権 の数も下回らないこと」 が、要件の一つ
後継者が2人又は3人の場合 「総議決権数の10%以上の議決権数を保有し、 かつ、これらの者の同族関係者等 (既に 同一の会社で事業承継税制の特例措置の適用を受けいて いる者を除きます。) のうちいずれの者が有する議決権の数も 下回らないこと」が要件の一つ
事業承継税制の対象となる後継者は 経営者の親族以外でも可能
新制度では3人まで後継者を拡大し、 いずれも代表者となることが 条件
相続時精算課税制度の適用は、 新制度においては 直系尊属以外の個人で60歳以上である者も 適用対象者に追加