投稿者: 借地権 相続税 浦和さいたま市大宮区対応格安税理士

相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について 日経新聞等の報道によりますと、 平均的な税理士の相続税申告の報酬は 遺産の総額の1%といわれています。 当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、 お引き受けいたしま […]
相続税申告でチェックされる点     調査の際に調べられるもの   不動産の権利書、契約書等、預金通帳、家族も含めた預金通帳、の確認   生命保険損害保険証書の確認、名義変更の有無 […]
相続を放棄した人は 初めから相続人でなかったものとされます。 相続を放棄した人には、 代襲相続が認められていませんので たとえば 「直系卑属」である子が1人しかいない場合に、相続放棄した場合 法定相続人は子⇒直系尊属へと […]
債務は、 遺産分割の対象ではなく 相続人間において 法定相続分に応じ分割されるのが 原則である。 債務の分割は、 法定相続分と異なる分割をしても、 それは共同相続人間においてのみ有効であり、 債権者との関係では、 法定相 […]
①相続または遺贈で 財産を取得していない者は 相続開始前3年以内の贈与財産を加算する必要はないが 本来の相続財産は全く取得していないものであっても 生命保険金や退職金などのみなし相続財産を取得している場合には、 相続開始 […]
遺留分を侵害した遺贈は、 遺留分権者から 減殺請求があれば それに従うことになると 言われています。
本来なら 相続人となるべき人が 相続開始の時に ⑴すでにお亡くなりになっている ⑵相続欠格 ⑶推定相続人の排除   などの事由により 相続する権利を失っているとき、 その者の直系卑属が、 その者と同一順位で 相 […]
被相続人が管理していた預金で、 家族の名前の預金(名義預金)になっているものは、   相続税調査においては相続税の課税対象である と指摘されることが多いと思われます。   仮に贈与契約書があったとして […]
贈与によるものと認定された裁決事例   請求人(相続人)名義の定期預金が 贈与により取得したと 認定された事例 の判断理由によると,   1、請求人らに贈与する 意思があったと推認されること, &nb […]
土地及び土地の上に存する権利 (以下「土地等」という。)並びに 家屋及び その附属設備又は 構築物 (以下「家屋等」 という。)のうち、 負担付贈与又は 個人間の対価を伴う取引により 取得したものの価額は、 当該取得時に […]