カテゴリー: 未分類

原則として、 被相続人とその親族が、2世帯住宅でなく、 同一の住居に、同居している場合には、 生計を一にしていると、思われます (ただし、明らかに、 独立した生活を営んでいる場合を除くとなっていますが)   そ […]
親が介護施設などに入居し 親名義の空き家になった土地建物等の譲渡をした場合 生前に 居住用財産を譲渡した場合 通常3000万円の特別控除があります 居住しなくなってから 3年目の年末までに譲渡すれば適用される場合もありま […]
全国的に空き室が多いことが話題になっていますが 相続時に全部満室ということは 逆に珍しいことかもしれません その場合 空き室部分については 相続税において土地と建物の評価において 空き室部分は原則として 土地については貸 […]
アパートの敷地と駐車場が 道路で区分されていなくて 一体利用されて いる場合には 合わせて評価することになると思われます この場合 駐車場部分も小規模宅地の適用対象の 可能性があります また 合計して500㎡以上の土地は […]
証券会社に評価額の依頼をするのも良いですが 一般的に 貸付信託の評価方法は 元本の額 + (既経過収益の額 −源泉所得税額 ) −買取割引料 =評価額 です  
国債や 地方債 、社債などの公社債の評価は 難解とされています 評価額が元本割れをするものもありますので 客観性を持たせるため 証券会社、金融機関に評価額の依頼をするのも良いです 以下の表現はわかりやすくするため曖昧です […]
  建物と一体となっている設備は一般的に 固定資産税の評価に含まれます 。 固定資産税の対象となっていない ものは、別途評価が必要な場合もあり 門や塀 など屋外設備の価額は 、 再建築価額から経過年数に応じて減 […]
被相続人が老人ホームに入居し、その後病院に入院したりした場合 相続発生時には、同居していないことになるが 小規模宅地の適用の判定時期については 被相続人が老人ホームへの入所直前において、 同居していた親族と被相続人とが […]
被相続人が老人ホームに入居し、その後病院に入院したりした場合 相続発生時には、同居していないことになるが 小規模宅地の適用の判定時期については 被相続人が老人ホームへの入所直前において、 同居していた親族と被相続人とが […]
遺産に係る基礎控除 同一の被相続人から 相続又は遺贈により財産を取得した全ての者に係る 相続税の課税価格の合計額から、 3,000万円と600万円に 当該被相続人の相続人の数 を乗じて算出した金額との合計額を控除する 3 […]