居住用賃貸建物の課税仕入れ

令和2年4月1日以後の契約による仕入れ

かつ

令和2年10月1日以後に行われる

居住用賃貸建物

(住宅の貸付けの用に供しないことが

明らかな建物以外の建物であって

高額特定資産に該当するもの)

課税仕入れについては

仕入税額控除を

認めないこととなりました。

2020年8月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 埼玉県さいたま市大宮堤税理士事務所

トップページ

個人事業のかたで
消費税を払っているかたは
株式会社などの会社を設立すれば、
会社設立から1年目、2年目は、消費税が免除されます 
(一部例外あります)
消費税が免除になるか

ご相談ください。

会社経営に詳しい税理士がマンツーマンで

消費税還付申告はお任せ下さい。

  • 海外取引が増えてきた現在
    当税理士事務所のお客様には
    輸出入、海外取引を行う方が多く
    輸出入等の書類は基本的に全部英語ですが
    輸出業者は消費税が
    還付になることが多く、
    それらの
    消費税還付申告についても
    精通しております。

    税務調査対策もお任せ下さい。

    消費税還付申告はお任せ下さい。

    合同会社 埼玉会計
    堤税理士会計事務所
    電話048(648)9380 
    税理士にお気軽にご相談下さい

個人が 事業用融資の 保証人になるには

公証役場において
原則として
公証人による
保証意思の
確認手続きを経ることを
要件とした

保証依頼時の
情報提供義務がある
事実と異なる情報を
提供した場合
保証人は
保証契約を
取り消すことが
可能である

改正後の民法 極度額のない契約

極度額のない契約

では、
保証人が
支払いの責任を負う金額の
上限額を
定めない契約を
無効にするなど、

保証人を
保護する規定が
定められている

個人が保証人になる
根保証契約は、
一定の場合、
その後に発生する
主債務については、
保証の対象外になる

a 保証人の破産

b 主債務者
または
保証人の死亡

不動産賃貸契約 令和2年4月1日から 改正

令和2年4月1日から
改正

修繕の要件の見直し、
原状回復義務や
敷金の返還と時期が
明確に

通常損耗、
経年変化の
原状回復は
貸主が負担

改正後の民法では、

通常の使用によって
生じた損耗や
時の経過によって
自然に傷んでいく
経年変化については、
借り手は
原状回復義務を負わない

当事者同士の合意があれば、
改正後の民法でも
特約を設けることが
認められる。
続きを読む